ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 日記

足がつる方へ

今日は、昨日とうってかわって快晴ですね。

天気予報では、冬の冷え込みも終わるようなことを言っていました!!

早く春の天気になってほしいものです。

 

さて、当然ですが、最近足のふくらはぎなど「足がつる」という方が多いような気がします。

 

足がつる理由は様々ですが、一般的には「疲労」「冷え」「筋肉の緊張」「血流の悪さ」が原因だといわれています。

一過性、つまりたま~におこる足のひきつりはこれらの原因が多いと思います。

しかし、みなさんに注意していただきたいのは、頻繁におこる足のひきつりで、頻繁に起こる方は一般的な原因のほかに隠れた病気が考えられます。

よくあるのは腰の疾患からで、ほかにも病気でおこる足のひきつりはあるのですが、腰からが一番かなと思います(経験により)

腰の神経の圧迫や筋緊張によってなり、腰を悪くされる方の初期症状としてでてくることが多くあります。

 

ですから、みなさんには、単に足がつったということだけではなくて足がつる頻度や時間など注意していただきたいと思います。

 

ケガや病気はなってから対処するよりも早期発見・早期治療した方が痛い思いをしなくていいですからね。

いち鍼灸整骨院に来院していただいている方には、自分の体に少し目をむけていただいて異常をキャッチする感覚を養えるようになっていただきたいなと思います。

池江璃花子選手ファイト!!

お昼にショッキングなニュースが報道されていました

 

池江選手が白血病にかかったということです

 

自分より若く、素晴らしい成績を収め将来を期待された選手を襲った出来事に鳥肌がたちましたね。改めて病気やけがは誰にでも起こりえることで健康で生活ができている状況に感謝した瞬間でもありました。

 

いま池江選手はすごくつらい思いをされていると思いますが、笑って競技に復帰できる日を心待ちにしています!!!

和歌山からですが小さな力ですが応援しています!!

インフルエンザが流行中!

寒い日が続きますね(*_*

今年は幸いものすごく冷え込む日というのが少ないように思いますが、雨が少ないので風邪やインフルエンザが流行していますね

患者さんでインフルエンザにかかったひとは聞かないんですが、子どもさんや周りの方は結構かかってるみたいです。

また、今年の特徴として「肺炎」に移行する方が多いようです。

聞く話ばかりですが、こんなに肺炎にかかったということを聞いたことはいままででないのでみなさんの周りで病気をされている方や抵抗力が低くなっている方は要注意ですね。

知り合いの先生も娘が熱をだして休日診療にいったそうですが患者さんがたくさん待っていたそうです。

あと1カ月は流行期間なので、できる対策はとっておきましょう!

僕も感染しないように十分に気をつけたいと思います!!!

バナナ不耐症になっていました!?

今日でえべっさんも終わりです

終わりに近づくと「これからいよいよ寒さのピークがくるんだな」と覚悟させられますが、このあたりから加太の地域では「奈良の水とり」があるまで寒いよという会話をよくしますね

 

さて、私事ではありますが「バナナ不耐症」であることが判明しました!

 

不耐症ってあまり聞きなじみのない言葉ですよね

アレルギーの一種のように扱われることもありますが、実は違います。

不耐症で有名なところをあげていくと、

  • 乳糖不耐症・・・乳製品の乳糖(ラクト―ス)を分解する酵素のラクターゼがなくて、乳製品を口にすると下痢などを起こす

 

  • グルテン不耐症・・・パンなどの小麦食品に含まれるグルテンを消化できずにさまざまな症状を引き起こす。

 

  • アルコール不耐症・・・いわゆる下戸さん。アルコール(エタノール)を分解してできるアセトアルデヒドという毒性の強い物質を分解するADHという酵素がない人のこと。飲んですぐに顔が真っ赤になる人は注意!

などなどが有名です!

ここでなんとなくお分かりかと思いますが、基本的には不耐症は
【ある特定の食べ物を消化するための力が弱い症状】のことをいいます。
クエン酸不耐症・レクチン不耐症・卵白不耐症などいろいろとありますが、すべて【消化できない】だけです。もちろん消化できないだけと片付けられない事もたくさんありますけど、体の反応としてはそれがすべてです。

これに対して、アレルギーはどうなるか?

アレルギーの場合は消化しきれなかったもの(主にタンパク質)に対して、害がある外敵として体が反応してしまい、過剰な免疫反応がおこります。

消化ができないだけの不耐症。
消化できなかったものに過敏に反応してしまうのがアレルギーです。

不耐症の症状としては

  • 吐き気
  • 膨満感
  • 下痢
  • 疲労感
  • 胃痙攣
  • おならが良くでる
  • 頭痛

などがあります。食べてから数時間~数日後に症状が出ますので特定が難しいですが、ある特定のものを食べた次の日に必ず調子が悪いということであれば不耐症を疑います。

 

僕の場合、バナナを食べて30分くらいしてからお腹が突っ張るような感覚と吐き気(吐くわけではないです)、次の日にげっぷが増えてお腹の調子が崩れるといった症状がでました。

まさか(残ったバナナがもったいない 笑)と思って3回繰り返すと3回とも同じ症状がでて、なおかつバナナを食べなかったら症状がでないのでこれは間違いないなという結論になりました。

ちなみに、バナナが入ったスムージーを飲むと同じような症状が軽くでて、バナナなしのスムージーは症状がでないのでバナナ不耐症と判断しました。

 

急になったのかどうかということはわかりませんが、寝込むとか体調不良が続くものではないのでもしかしたら前から症状があったかもしれませんね

 

これからバナナは控えようと思っていますが、好き嫌いではなく一般的に体にいいものでも自分に合わない食べ物があることを知れて良かったです。

 

症状の強い弱いはありますが、こういうこともあるんだとみなさんに知っていただければと思います。

 

たまに体調が崩れるという方は食事内容にも気をつけてみてはいかがでしょうか?

1年頑張りましょう!

おはようございます!!

 

今日から仕事という方も多いのではないでしょうか?

 

長期休暇のせいで眠たかったり、体がおもかったりすると思いますが気をつけてくださいね(^^)

 

でも、本当に気をつけたいのは1週間後くらいですよ

始まりは気が張っているのでがんばれます。例年、新年始まってからから1週間後くらいに体の疲れ・精神的な疲れが出てきて体調が変化します。みなさんを見ていると体の痛みもその頃に多くでてきているように思います。

 

正月で崩れたリズムを取り戻しましょうね!!

そのためにも休息を作る意識とお酒の量を控えることをおすすめします。

内臓が疲労することによって体のだるさ・痛みにつながることもありますのでお酒を控えることは大切です。

 

ぜひ体リセットの期間を作ってください!!!!!!!

明けましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます!

年末は大掃除に魚釣り・友達との飲み会などでバタバタしておりましたが、穏やかな元旦を迎えました。

今年はもっと皆様に喜んでいただけるような取り組みもしていきたいと思いますし、個人的にはスポーツにチャレンジする年にしたいと思っています。

皆様にとって実りある幸多き年となりますように心からお祈り申し上げます。

本日で今年の施術を終了いたしました

いつも当院にご来院いただきありがとうございました。

 

来年はより皆様のお力になれるように精進しサービス向上しますのでよろしくお願いいたします。

 

良いお年をお迎えください。

 

※来年は、1月4日からの施術になります。

あと2日

いち鍼灸整骨院の診療日も残すところあと2日となりました。

世間では御用納めでしょうか?

 

掃除をして痛める人や急な寒さで筋肉が硬い状態になり痛めてしまう人など、年末に体の調子が良くない方がちらほらおられます。

 

お忙しいと思いますが今日、明日と整骨院は開いていますのでぜひご来院ください。

 

※今日はお餅つきをするという方が多いですね。正月がやってくるんだなと実感しています。

僕も掃除をしなくては( ゚Д゚)!!!

20キロ走れました!

この前の日曜日に20キロのランニングをやってみました!

 

人生で3回目の20キロ走

 

約1年ぶりに走りました( ゚Д゚)

 

走ったとは言うものの、歩いた時間もありますので走ったと言っていいかわかりませんが2時間ちょっとかかり、途中は失敗したなと後悔していました(もう半泣きですね 笑)

改めて、マラソンランナーはめちゃくちゃすごいです!!!

 

マラソンをするわけではありませんが、走ることが大嫌いだった自分から最近は抜け出せそうな予感もしていて今後どうなるか楽しみですね(^^)

 

初めは2キロでフラフラだったので着実に進歩しています。

継続と慣れでしょうか?

 

肉体が変わってきたら自慢したいと思います (笑)

 

※現在はジワジワくる日曜の疲労と体に起こってきた違和感を早くとろうと試行錯誤しております。

低温やけどにご注意を!

12月になって本格的に寒くなってきました。

 

北風が当たると手が痛く感じる寒さもありますね。

 

僕は年中過ごしやすい温度の中でいるので外で働いている漁師さんなんかは本当にすごいと思います。

寒いからと言って休むわけにもいかないんで大変な季節ですね。

 

こんな季節に活躍するのがカイロや湯たんぽなどの身につけるような暖房器具です。漁師さんも貼ってますね。

 

活躍と同時に多く聞くのが低温やけどで、寒いからカイロを使う→同じ場所に長時間あてる→やけどを起こす

という感じで低温やけどになった方が多いですよね。

 

ここで低温やけどはどれくらいで引き起こされる可能性があるのか説明します。

「低温やけど」とは、44~50℃のものが長時間にわたって皮膚に触れることにより、筋肉などが壊死して起こるやけどのことである。一般的には、44℃の場合で3~4時間、46℃では30分~1時間、50℃では2~3分で低温やけどを発症するといわれており、やけどで一般的にみられる痛みなどの自覚症状を伴わないで発症することもあるという。(なお、そのときの体調によって状態は異なる)

症状としては、「皮膚の深部まで赤く腫れる」・「水ぶくれができる」といったものから、「皮下組織が壊れる」といった重傷事例まであり、中には植皮手術が必要になる場合もある

 

びっくりしませんか?

 

早ければ2,3分でも起こってしまうことがあるんです。

イメージとしては長時間の感じがあると思うので知らなかった方は要注意ですね。

低温やけどは治りにくいですからならないことが一番ですよ(^^)

 

※僕には低温やけどを早く治す技術はないのであれば参考に教えてください (笑)