ブログ

月別アーカイブ: 2018年12月

低温やけどにご注意を!

12月になって本格的に寒くなってきました。

 

北風が当たると手が痛く感じる寒さもありますね。

 

僕は年中過ごしやすい温度の中でいるので外で働いている漁師さんなんかは本当にすごいと思います。

寒いからと言って休むわけにもいかないんで大変な季節ですね。

 

こんな季節に活躍するのがカイロや湯たんぽなどの身につけるような暖房器具です。漁師さんも貼ってますね。

 

活躍と同時に多く聞くのが低温やけどで、寒いからカイロを使う→同じ場所に長時間あてる→やけどを起こす

という感じで低温やけどになった方が多いですよね。

 

ここで低温やけどはどれくらいで引き起こされる可能性があるのか説明します。

「低温やけど」とは、44~50℃のものが長時間にわたって皮膚に触れることにより、筋肉などが壊死して起こるやけどのことである。一般的には、44℃の場合で3~4時間、46℃では30分~1時間、50℃では2~3分で低温やけどを発症するといわれており、やけどで一般的にみられる痛みなどの自覚症状を伴わないで発症することもあるという。(なお、そのときの体調によって状態は異なる)

症状としては、「皮膚の深部まで赤く腫れる」・「水ぶくれができる」といったものから、「皮下組織が壊れる」といった重傷事例まであり、中には植皮手術が必要になる場合もある

 

びっくりしませんか?

 

早ければ2,3分でも起こってしまうことがあるんです。

イメージとしては長時間の感じがあると思うので知らなかった方は要注意ですね。

低温やけどは治りにくいですからならないことが一番ですよ(^^)

 

※僕には低温やけどを早く治す技術はないのであれば参考に教えてください (笑)

チョコレートをいただきました(^^)

今日は、患者様からチョコレートをいただきました!(^^)!

 

この患者さんは膝を痛めていたのですが、お孫さんが宝塚歌劇団の雪組に所属されていて、見に行く日がきまっていたので、その日までに何とか膝の状態を良くして見に行きたいとのことでした。

無事見に行けたということでチョコレートをいただきました。

ぎりぎり間に合ったかなという感じですが、これからももっと見に行ってもらえるように改善させたいと思います!!

 

とりあえずホッとしました 笑

腰痛の季節です

久しぶりの投稿になります。

すこしバタバタしておりましてサボってしまいました(*_*)

 

さて、明日以降、気温がグッと下がるみたいですね

11月末から徐々にではありますが、腰痛が増加してきております。

 

腰痛になる原因はさまざまですが、筋肉が緊張することによって引き起こされる腰痛が増えている印象で、軽いぎっくり腰になっている人が多いですね。

 

寒くなると動く量も減りがちなので、腰痛持ちの方はより一層気をつけましょうね!!

固まると腰痛が長引きますよ(^O^)

動かしてもいたくない関節はゆっくり動かしていきましょうね!!