ブログ | いち鍼灸整骨院

ブログ

オリンピック

みなさんオリンピック見ていますか?

感動や悔しさがダイレクトに伝わってきますし、選手のこれまでの歩みを知っていくと心にグッとくるものがありますよね。

また、職業柄で選手の姿勢や筋肉のつき方をみてしまうのでテレビでの姿やトレーニング風景は参考になります。

大活躍の女子スピードスケートの選手の筋肉についてふれたいと思います。

彼女たちは競技中、体に受ける空気抵抗を極限まで少なくするため上下の動きをほぼしないように前傾姿勢を保っています。あれだけ前傾姿勢をとっても立っている姿勢や歩いている様子は猫背や反り腰ではなく理想的に見えます。

それはなぜか?

普通すこしでも前傾姿勢になると太ももの前の筋肉である大腿四頭筋という筋肉が突っ張ってしまうのですが、彼女たちは太もも裏のハムストリングという筋肉を使うことで骨盤にかかる負担を減らしています。

そして、他にも骨盤を安定させるためにお腹や背中の筋肉を働かせることで体にかかる負担を分散させているのです。

一ヶ所に負担が集中すると、体はバランスを崩し姿勢を変えケガの原因になったりします。

アスリートは普段から体を鍛えてメンテナンスも常に行っていますが、一般人は体を動かす機会が少なく同じ姿勢をとりがちなため使われる筋肉が集中し負担のかかり方に偏りができるので姿勢が悪くなってきます。

姿勢を直したい方は同じ姿勢をとりすぎないように工夫するかウォーキングなどで体を動かす必要があります。

オリンピックを機に姿勢を見直して運動してみるのはいかがでしょうか!

きっと嬉しい効果がでてきますよ(^_^)

レベルアップしてます

今日は大阪にてVIMセミナーを受けてきました!

帰りの電車で書いていますので興奮さめやらぬ感じで書いております(°▽°)

何がすごいかったかと言いますと、某有名サッカー選手に実際に指導した内容(動作分析から治療まで)を教えていただけたことです。

非常に楽しく、筋肉に対する考え方が一段と深くなりました。

まだまだですが患者さんに喜んでいただけるように自分の力にしていきます!!

スポーツ選手だけでなく、高齢の方まで応用ができる技術ですのでみなさん期待していてください。

※電車ではみなさん体が辛そうです。ついつい姿勢をみて想像しています。早く良くなりますように(^_^)

腰痛を考える

「あなたは腰が痛くなったときどうしていますか?」

 

 

突然の質問で申し訳ありません。

 

 

ですが、この質問を見て「腰を揉む・押す」と思った方は要注意です。

 

 

 

それはなぜかというと

 

 

 

「痛んでいない腰を揉む(押す)ことはかえって腰痛を長引かせる、もしくは、悪化させる」ことがあるからです。

 

 

実際、現代医療のプロフェッショナルである医師の研究でも約8割の腰痛患者の原因が不明であることがわかっています。

 

 

そして、冷静に考えるとその場所を揉むだけで治るのであれば腰痛はこの世からなくなっているでしょう。

 

 

 

まだまだ治療院でも腰の筋肉をゴリゴリ押したりするところは多いのが現状ですし、マッサージが気持ちいいのも僕は知っています。

 

 

 

そんな中で、僕が知り得る「今の治療院業界の常識」をお伝えします。(一般常識ではありません)

 

 

1、腰は揉みません

 

確認程度に押さえることはありますが、なるべくソフトに触ります。

痛みがでているというこで神経が興奮または敏感になっていて、強く触ることで悪化させる可能性があります。

痛みがでているだけで、原因ではないからです。

 

 

2、足を診る

 

腰の痛みの大半が腰より下の筋肉・関節の不具合で起こることが多く、人間は二足歩行の動物であることから、足には常に負担がかかりやすい状態になっています。

 

いま、触れる人は自分で確認してみましょう。

太ももの前・内・外を左右で比べます。

ゆっくり押してゆっくり比べると必ず左右の差に気づくことができるでしょう。

腰痛の方の多くは太ももの前や外側に痛みやハリ感があると思います。

 

 

足首・膝・股関節の動きもチェックしましょう。

左右で動きが固い方向があるかもしれませんね

腰痛の方はどちらかの足の動きが固いもしくは両方固くなっているでしょう。

 

 

「治療」の分野では1・2は本当に大事なことです

 

2のなかで、あらためて触ってみたり、動かしてみたりすることでなにかしら感じたと思いますが、実は、「感じる」ことが大切なのです。

 

痛みに集中するあまりそれ以外の異常には気づかなかったりして、そのままになることで現在の症状が作られます。

 

 

今回は腰痛を例にしましたが、あらためて自分の体に目をむけて、自分を知ってください。

 

「感じる」ということを意識できると症状を改善させるだけでなく、予防にもなりますのでぜひ参考にしてください。

 

 

 

ぎっくり腰増加中

今週に入り、当院にはぎっくり腰のブームがやってきているようです。

 

 

というのも、新規で来られた方のほとんどがぎっくり腰です。

 

 

申し合わせたような・・・( ゚Д゚)

 

 

みなさん症状も非常によく似てて、前にかがめない・足が上がらない・ズキッと痛むという共通のお悩みでした

 

 

今は順調に改善されてきていますが、なるとつらい思いをしないといけないですからね

 

 

腰痛持ちの方は注意しましょうね(^_^)

 

 

予防と改善方法として簡単な運動「動かせる関節は動かす」ということを意識してください。

 

 

最近来られた方は共通して「体を極端に動かしていない」ということがあります。

 

 

痛めてから動かしていない方もいるのですが、すべての関節が動かないわけではないですよね

 

 

痛いとき患部を動かさないことは大事な時があります。かといって、全身を固めてしまうと症状が良くなってきません。ですから手首・足首・肩・膝を痛みがでない範囲で動かすことは痛みに関連する筋肉をゆるめることになりますので動かしていきましょう。

 

 

とにかく最近増加傾向なので「あれっ?」と思ったときは我慢しないようにしましょう

3月より受付時間を変更します

皆様には、日ごろよりいち鍼灸整骨院をご利用いただきましてありがとうございます。

 

 

「予約時間を増やしてほしい・待つのがいやだ」といったお声をいただきまして予約枠を拡大することとなりました。

 

 

今までは水曜日・土曜日の午後は5時までの受付でしたが、3月より水曜日・土曜日の午後を完全予約制とさせていただきます。

 

 

皆様により良い施術と時間を提供させていただければと思いますので今後ともよろしくお願いいたします。

 

※2月中は通常通りの診察となります。

 

内転筋の重要性

今日も寒いなと思いながら暖かい部屋にいる市川です。

 

 

突然ですが、内転筋って聞いたことありますか?

 

 

部活動やスポーツをされている方は聞いたことがあるかもしれませんが、簡単に言えば太ももの内側の筋肉ですね

 

 

年齢とともに弱ってくるところですし、ほかのみなさんが知っているような筋肉よりは鍛えにくいところです。

 

 

しかし、とても優秀な、大切にしたい筋肉です。

 

 

というのも、体のブレを制御してくれたりするのでお年寄りであれば、転倒のリスクを減らしてくれますし、スポーツ選手であれば体勢を崩されない・連続した動きを滑らかにしてくれる・ケガを防ぐことができるからです。

 

 

また、この筋肉が弱り、足の外側の筋肉に負担がかかることで、O脚や股関節痛、腰痛などを引き起こしてしまいます。

 

 

サッカー界のスター選手であるクリスティアーノ・ロナウド選手を知っていますか?

全身ムキムキですが、ロナウド選手が強く足を振りぬけるのは強靭な内転筋のおかげなのです。

ロナウド選手の足をみれば、外側の筋肉よりも内側の筋肉がもりっと発達しています。(させている)

 

どのスポーツでも理想とする筋肉のつけ方ですね(^_^)

 

 

いち鍼灸整骨院では高齢の方も多く来られるので内転筋を鍛える方法を指導しています。

極端な話、命にかかわりますし、生活の質を向上させることがおおいに期待できるからです。

 

座って膝と膝の間に握りこぶしを1つまたはタオルを丸めて入れてみましょう。

 

そして、両膝ではさみこんでしめる方向に力をいれます。

 

その時に太ももの内側がモリッと硬くなると思います。

これが内転筋です。正確には内転筋群です(たくさん筋肉はあるので)

 

 

このしめる(5秒)緩める動作を1日10回してください

 

また、歩いたり、座ったりしたときに内転筋を意識してみてください。続けることでいいことがたくさん起こりますよ!(^^)!

 

体調には気をつけましょう!

インフルエンザが大流行しているみたいですね( ゚Д゚)

 

 

 

僕自身は過信するぐらい元気ですが(笑)

 

 

 

木曜日なんかは雪もちらつくかもとのことです

 

 

みなさん体調心配ですよね

 

そこで僕が最近行っている健康法をご紹介します

 

 

水を飲むことです

 

 

どれくらいといった量は気にしていませんが手があいた時に口に一杯ふくむくらいにしています。

 

 

乾燥が防げるのでいいですよ

 

 

11月くらいから積極的に水を飲んでいますが、調子はほぼ90%をキープしている感じで体調が整っているので是非皆さんも健康のためにしてみてください。

もちろん合う・合わないはあると思いますのでお試しで!!

あごのお悩みの方へ

いまセミナー帰りの電車の中です

今日も寒いですが、セミナー中は脳から汗がにじみました(笑)

いろいろ教えていただいたのですが、その中から1つ早くお知らせしなければと思い書いています。

それは、あごの運動です

通称「あご」は、顎関節と言いまして顎関節症で有名な関節なので一度は聞いたことがあるでしょう

ここだけの話あごは体の微妙なバランスをとるバランサーという役割もあり、噛むだけでなく多くの仕事をこなしています。

ということは、多くの症状にも影響があります。

以前ある先生から聞いた話ですか、人間の体で3つの筋肉を緩めることができれば全身の調子が良くなるとおっしゃった先生がいまして、3つのうちの1つが顎関節の筋肉でした。

それほど全身をみたときでも重要な部分なんですよね

堅苦しい話はここまでにして本題のあごの運動ですが、簡単で効果抜群なのであご周辺に痛みや違和感がある方はぜひやってみましょう。

まず、口を閉じた状態で舌を上あごにくっつけます。

そして、くっつけた状態からゆっくり口を開けれるだけ開けてゆっくり閉じます

これを10回繰り返します

ポイントとしてはゆっくりすること、無理をしない範囲ですることです

顎関節の正常な動きを取り戻せますし顔の歪みも補正する超お得な運動ですが、舌の筋肉が弱っている人はできないかも知れません。

ですが、動かしていくうちに筋肉が緩み、また鍛えられスムーズに動くようになります。

顎関節症、顔の歪み、噛み癖、それにともなう頭痛や首の痛みが気になる方はやってみてください。

悩んでいる方が近くにいましたら教えてあげてくださいね^_^

不定愁訴(ふていしゅうそ)知っていますか?

日々、患者さんが来院される中で、体が良くなるようにみなさんにアドバイスをすることがよくあります。

 

 

動きやストレッチだけでなくて、正しい知識も提供できたらと思いお伝えしています。

 

 

来院されるかたは、解剖学・生理学・運動学を勉強したわけではないので理解するのに時間がかかると思いますが、知っていただくことで周りの方のためになるかもしれません。

 

 

ということで、今日は「不定愁訴」という言葉についてです。

 

 

この不定愁訴という言葉は女性であれば聞いたことがあるかもしれませんね

 

 

更年期障害のときなどで耳にしていると思います。

 

しかし、更年期に限ったことではなく、子どもから高齢者まで悩んでいるひとがいるんですよ

 

 

「えっ!?更年期だけじゃないの?」という方は知ってほしいですね

 

それでは、説明します

 

不定愁訴とは、器質的な疾患がないにも関わらずさまざまな身体症状を訴えるもの

 

つまり、レントゲンや血液検査などを行ってもなにも悪いところがないのに体に症状があることです。

 

 

症状としては、幅広くあります。

 

 

・自律神経失調症状
ほてり・のぼせ、発汗、手足の冷えなど
・精神神経症状
頭痛、頭重感、憂鬱、不安感、イライラなど
・運動器官系症状
肩こり、背部痛、腰痛、関節痛など
・知覚系症状
しびれ、知覚過敏、視力の低下など
・消化器系症状
腹痛、吐き気、食欲不振など
・泌尿生殖器系症状
排尿痛、性交痛、頻尿など

 

多いですよね( ゚Д゚)

 

 

実際、当院にも「誰にも分ってもらえない・とにかくつらい」という相談もあります。

 

 

整体の観点からみると、「筋肉が硬いもしくは緊張しすぎている人」に多くみられる印象です。

そういった方は、筋肉が緩むことで症状の変化を感じていただいていますが、体のバランスのこともあるので日常を見直す必要もおおいにあります。

 

 

まずは、体に負担をかけるような生活をしていないか見直しが必要です。3食バランスよく食べる、飲みすぎ・食べ過ぎに注意する、睡眠時間をきっちりとる、など、規則正しい生活をすることが大切。

 

また、自律神経のバランスを整えるのに有酸素運動が有効です。ウィーキングなど比較的続けやすい運動を日常的に取り入れることも大切。日頃のストレスなども深く関係しているので、ストレスをためず心と体のバランスを保つようにしましょう。
とはいえ、生活環境・人間関係をがらりと変えるのは大変難しいことですから、趣味を思い切り楽しめる時間を作る、おしゃべりを楽しむなど、無理なくできることから始めていきましょう。

 

 

不定愁訴は単なる症状ではなく、その症状のせいでほかの内臓的疾患、精神的疾患にかかることも少なくありませんので早期の改善が必要です。

 

 

思い当たる方は「このくらい」と思わずに改善させましょうね

 

 

靴の裏を見てください!

突然ですが、靴の裏を見てください

 

 

ざっくりですが、かかとの中心からやや外側とつま先の親指・人差し指付近がすり減っている方は、足をうまくつくことができていて体重移動がスムーズに行えています。

 

 

しかし、O脚の方はかかとの外側が大きくすり減り、X脚や内またの方はかかとの内側がすり減り、つま先だけ・かかとだけなどすり減り方に偏りがある場合は歩行がうまくできていません。

 

 

正しい歩き方・体重移動ができずにいると、膝・足首・骨盤・腰などに負担がかかり痛みや姿勢を悪くしてしまいます。

 

 

歩く・立つことは人間にとっての基本動作になるので、正しく行うことができると体をうまく使うことができ、痛みや違和感を減らすことができますので、靴の裏をみて自分にどのような癖があるのかきにしてください。

 

 

歩きや姿勢を気にするだけで良い方に変化するかたもいますよ(^-^)

 

 

どうしたらいいかわからない方はご連絡ください!!