ブログ | いち鍼灸整骨院

ブログ

近くの道路が工事をしています

本日、いつも来ていただく道路が工事をしています。

 

通行にご不便をおかけいたしますが、ガードマンが誘導または迂回路を教えて呉れますのでお声かけください。

 

わからない方は整骨院にお問い合わせください。

熱中症対策は万全に!

おはようございます。

今日も快晴が続いていますね(^_^)

 

僕の頃は10月が運動会シーズンでしたが、今は5月・6月に運動会を行うところも多く、学生の熱中症も増えているみたいですね。

姪っ子も明日、幼稚園で運動会デビューなので、体調に気をつけて楽しんでもらいたいと思っています。ちなみに僕は運動会が好きではなかったという思い出しかありませんが・・・

 

熱中症対策だからというわけではないんですが、水は1L~1.5Lは飲んどいたほうがいいですよ(^-^)

「痛みは水を飲めば良くなる」という医師がいるくらい水は痛みや体の調子に関わっています(特に便秘)

 

 

水分代謝を良くして、暑さに負けない健康な体を手に入れましょう

ファンクショナルトレーニング

みなさん突然ですが、ファンクショナルトレーニングってご存じですか?

 

ファンクショナル=機能的

 

主に競技パフォーマンスを上げたいときに取り入れられるトレーニングの一種です。

無理のないスムーズな動きを獲得して、体の持っている十分な力を発揮しケガを防止するという風にとらえていただいても良いかなと思います。

 

このファンクショナルな動作のための要素として

正常な骨格筋系の働き

正常な関節運動

正常な神経の働き

が挙げられます

一般の方にとってはなんのこっちゃという感じですね

この部分は説明が難しいんですよね 笑

 

ただ筋トレをするだけでは、機能的かつ効率的な動きができずに競技や日常にいかされない、要はファンクショナルトレーニングを行うことで機能的な動作を身につけようということです。

 

じゃあどうすればいいの?ということですが

 

言葉ではわかりにくいので直接指導というかたちになるのですが、イメージとしては、体幹に関連する筋肉と肩甲骨周りの柔軟性を獲得します。

もちろん1日やればいいのではなく練習が必要です。

しかし、必ず競技・日常においてプラスになっていきます。

 

「ファンクショナルトレーニング」

 

youtubeにもいくつかありますが感覚の部分でわかりにくいと思いますので、気になる方はぜひ僕に聞いてください。

 

内臓のお勉強

久しぶりのブログ更新です。

 

ゴールデンウィークを理由にサボってしまいました (笑)

 

今日からまた心機一転ブログを書いていきたいと思います。

 

 

さて、この前の土曜日に整骨院をお休みして土曜・日曜と内臓治療に関係するセミナーに参加してきました。

 

内臓?

触れないのにどうするの?

 

と普通は思いますよね。

 

もちろん触れない臓器はありますが、どこに存在するのかというのは感じられるんです。

お医者さんがお腹をさわることもありますね。

 

とくに今回、僕が勉強してきたのは、体の表面を触れることで内臓に刺激を与えて本来の機能を取り戻すという方法でした。

気とか気功とかではありません。

 

体の反射というものを使った方法で、筋肉に痛みを感じている人以外の症状に効果的(だるい、胃腸が悪い、不定愁訴と呼ばれる症状)ですね。

 

もし、このブログを読んでくださって「私(僕)最近だるい・内臓の調子が悪い」とか症状を感じている方は一度相談してください。

あなたの調子の悪さは内臓が原因かも???

 

一つの視点から見るのではなく、もっと大きくとらえていくと症状の早期改善につながると思いますのでなんでも教えてくださいね(^_^)

 

10連休は4/29~5/3まで予約制で営業いたします。

アルントシュルツの法則

みなさんもうすぐゴールデンウィークですね!!

 

「10連休はうれしいけれど前後の仕事がとにかく忙しい」と患者さんからお聞きしました。日本人的な考えかもしれませんが、あまり長く休むとどこかにしわ寄せがきますよね。

 

ゴールデンウィーク中、いち鍼灸整骨院は予約制で営業していますのでお困りの際はぜひお電話くださいね(^_^)

 

さて今日は「アルントシュルツの法則」をご紹介します。

 

治療の世界では誰しもが一度は聞いたことがある法則です。

アルントシュルツの法則とは、強度の異なる刺激によって生体反応も変化すること。例えば、

弱い刺激は組織の働きを目覚めさせ
中くらいの刺激は組織の働きを高め
強い刺激は組織の働きを抑制し、
非常に強い刺激は組織の働きを静止させてしまうこと。

 

いい方を少し変えると

 

弱い刺激は神経や筋肉を活性化させて、中くらいの刺激は神経や筋肉が働くように促します。そして、強い刺激は神経・筋肉の働きを抑えて、最も強い刺激が加わると働くのをやめてしまうということです。

 

強いマッサージをうけた経験がある方はわかりやすいと思いますが、肩のマッサージの後、自分で肩に触れると感覚が鈍く感じた経験はないですか?

それは神経や筋肉の働きが抑えられてなったことなんです。

 

 

僕が行う施術で刺激が弱いものを多く取り入れているのは神経や筋肉の働きを正常化させてうまく動かせる体にしていくことを狙ってのものですが、ただ、強い刺激はダメということではなくて、強い痛みが体にある時は強い刺激を体に入れて神経や筋肉の働きを鎮静させるのはアリだと考えています。(単純に筋肉を強い力で揉むのはおすすめしません)

 

この法則はみんなに当てはまるもので、とにかく強い刺激でないと満足できないという方もいますが、本当に体の事を考えるのであれば弱・中刺激でやってあげる方が体が喜ぶのでは?と思っていて、赤ちゃんや子どもでも受けられる施術というのが安全で自然な方法だと思います。

 

考え方はそれぞれあるので一概にはいえませんが、こういった法則があって自分にはどんな刺激が最適なのか一度考えていただいてもいいかなと思います。

バイタリティーがすごい

本日は日曜日にブログ投稿しております。
昨日が濃い1日だったので早いうちに投稿しようと思って書いています。

昨日は、午後を休診にさせてもらって、セミナーに2つ参加してきました。

1つはいつも教えていただいている治療技術の向上で、もう一つはファンクショナルトレーニングという動きのつながりに特化したトレーニングでした。

このファンクショナルトレーニングが面白くて、びっくりするくらい自分の体を使えていないことに気づかされて改善していくことにもびっくりしましたが、なにより意識の高い人達のなかでできたことが良くて、同業者の方、トレーナーの方、介護士、教師とそれぞれのフィールドで頑張っている方々と楽しくさせていただいて自分の知識の幅も広がりました。

昨日は1年に二回ある懇親会の日だったようで、セミナー会場のジムオーナーの池本誠知さんもご一緒していただいて熱い話も聞くことができ、気づけば終電なしという焦った状況になりましたが得難い経験をいただいてきました。
(池本さんはテレビでも取り上げられる女性がイキイキとキックボクシングができる話題のstyleというジムのオーナーさんです)

まだまだ勉強することがありましたね!
バイタリティー溢れる方々に会って自分もそんな人たちに近づいていきたいと思いましたし、いち鍼灸整骨院も「なんかあそこに行ったらめちゃくちゃ元気になれるで」と言っていただけるようにしていきたいと思う1日でした!!

※大阪の方、キックボクシングジムstyleおススメですよ^_^

明日は午後から休診となります

すっかり春の天気になりましたね(^_^)

 

花粉症の方はスギ花粉が過ぎヒノキ真っ只中という感じでしょうか?

僕は今のところ全く花粉症ではないのでいいですが、花粉症の患者さんを見ると体調が変わってしまうのでしんどいだろうなと思います。

背中から首にかけて硬さがでたりしていますね

 

「春」「花粉」とは全然関係ないですが、明日は午後からセミナーに参加するため休診とさせていただきます。

今回もレベルアップ間違いなし!

ファンクショナルトレーニングというものも体験してきますので普段運動をされている方にとっていいアドバイスができるように頑張ってきます!!!!!

 

治療と運動を組み合わせてさらなる健康をてにいれましょう。

 

 

お花見に行ってきました!

昨日、和歌山城でお花見を同級生としてきました!(^^)!

 

ちょうど見ごろで花見客もたくさん来てましたよ

和歌山にもこんなに人の混むところがあったのかと思いました(笑)

 

今朝がたの雨で少し散っているとは思いますが、まだお花見に行っていない方にはおススメです!!

今日明日は大丈夫でしょう!

※写真がないのが残念ですがきれいでした

骨盤を立てる意識

おはようございます!!

今日は暖かくて桜も見ごろで出掛けるのにもってこいの気候ですね(^_^)

 

僕が住む深山というところも桜がもう少しで満開かなというところまできています。

 

さて、話は変わって、今日は骨盤について少し触れたいと思います。

 

男の人はさほど気にしませんが女性にとっては気になる大事な部分が骨盤ですよね

 

女性は妊娠・出産・月経などで骨盤が緩む時期があるので変化に敏感です(腰痛などもありますね)

 

実はこの「骨盤」が膝の痛みやO脚にも深くかかわっています。

というのは、O脚の方のほとんどには内側の筋肉が落ちてしまい、外側の筋肉が緊張する現象が起きていて、骨盤を立てることができなくなってくるからです。

 

じゃあ自分はもう何をやっても遅いかな・・・

 

そう思った人はまだ安心してください!

 

骨盤を立てる練習をすれば大丈夫です!!!!

 

骨盤を立てることで自然に内側の筋肉に力が入るようになり、腹筋も使うのでO脚が良くなってくるだけでなく姿勢が良くなり肩コリ・腰痛も軽減します。

 

関節の変形がある方は骨盤を立てるだけではうまくいきませんが、痛みの軽減が期待できます。

 

実際に動かしてみていただくと理解しやすいので気になる方は僕に聞いてください(^^)/

悪い癖を見直して良い癖付けをしましょうね!