ブログ | いち鍼灸整骨院

ブログ

体調管理

連日雨が降り続いていますね(*_*)

 

雨に負けず、いち鍼灸整骨院は元気に診療中です

 

 

でも、みなさんは体調管理が難しいのではないでしょうか?

 

 

1週間の間に気温差が10°近くありますからね(+_+)

 

 

特に「冷えた」と感じる方も多いと思います。

 

 

そこで、僕からアドバイスがあります。

 

それは「足首を温める」ことです。

 

 

足首には東洋医学では重要なツボが多く集まるところで、全身の調整に良く使われます。

 

 

また、西洋医学では、足首周辺は筋肉が少なく、脂肪も少ないことで、動脈・静脈が体の表面を通りやすく冷えやすくなっています。

 

 

東洋医学・西洋医学ともに足首を温める、最低限「冷やさない」ことが大切ですので、環境が冷えつつあるこの時期から対策をとっていきましょう。

 

 

冷えたと感じるくらいになっている方は、すでに冷えすぎている恐れがありますのでお早めに(^◇^)

転倒者続出!?

今週に入り転倒して、けが・骨折をしている方が増えています

 

 

骨折などはしてしまうと治るのに時間がかかります。

 

特に高齢の方になると様々なリスクもついてきます。

 

 

「こけないで」と言って防げるものではありませんが、周りの方に一声、注意をしてあげてください。意識すると少し変化するものです。

 

 

今週に入りけが・骨折された方の早期回復を祈っています。

代謝が悪い??

夏が過ぎて動きやすい気候になってきましたね!

 

 

これをきっかけにダイエットを始める人も多いのではないかなと思います。

 

ちなみに、僕もその一人で8月下旬から体重を減らしていこうと思い立って、現在はー2.4kgといったところです。(僕は毎年5kgほど増減があります(笑))

 

 

整骨院でも施術をしているとダイエットにチャレンジしている人や興味がある人がいますが、必ずと言っていいほど「代謝」という言葉を聞きます。

 

 

みなさんは「代謝」というものを把握できていないようだったのでお伝えします。

 

 

そもそもよく言う代謝というのは「基礎代謝」のことで、基礎代謝というのは、

 

「生命活動を維持するために生体で自動的に(生理的に)行われている活動で必要なエネルギーのこと」

 

つまり、ボーとしていても、ずっと寝ていても心臓をうごかしたり生きるために必要なエネルギーです。

 

 

そのエネルギー量(熱量)は、成長期が終了して代謝が安定した一般成人で、一日に女性で約1,200、男性で約1,500キロカロリー(kcal)とされています。

 

 

だから、少なくとも女性で1200、男性で1500キロカロリーを1日の食事でとっても太ることはありません。

 

 

だいたい1膳(160g)で約270キロカロリー、食パン(六枚切り一枚)で約170キロカロリーです。

 

 

結構食べれますよね

 

 

実際にみなさんが言う代謝は、基礎代謝と消化・吸収の考えが入ってきますので複雑になりますが、基礎代謝のカロリーを知っておくと今後のダイエットや健康に向けて良い効果をだせると思います。

 

 

健康を手に入れるためには食事の見直しは絶対に必要なことです。

 

 

でも、頑張りすぎるとストレスになるのも事実です。

 

 

小さなことからはじめて改善していくのが成功の近道ですよ(^◇^)

紅葉鯛祭り

今日はいい天気でしたね!

私事ですが、洗濯日和でちょっと頑張りました(^_^)

前々から今日は紅葉鯛祭りで披露する獅子舞の準備を行う日になっていたのでいい天気になって良かったです。

高場(たかば)という、やぐらを丸太で建てるのですが建てるところを初めて経験したので何をしていいかわからずサポートさせてもらうだけで一杯でした。

高場に獅子舞が登ってする芸はすごく迫力があるので必見ですよ!

また獅子舞の練習が始まりますので僕もサポートしたいと思います。

紅葉鯛祭りは11月4日(土)にあり、当日は魚の販売や食事の販売もありますのでご家族・友人とご一緒に加太に来てください‼

肩が上がりにくいのは骨盤から?

久しぶりに「こういう方がいました!」という患者さんの実例をお伝えします。

 

 

その患者さんは肩が上がりにくい、痛いということで来院されました。

 

 

左右の違いはというと、右肩は耳につくほどスムーズに上がっているのに左肩は耳につかずまた肩の詰まった感じを訴えていました。

 

 

検査をしていくと筋肉の硬さはあるものの肩自体には原因がないことがわかりました。

 

 

そして、骨盤を含めた足の施術を行うと患者さんもびっくりするほど肩がひっかかりや詰まり感なく上がりました。

 

 

ここでお伝えしたいのは、「僕ってすごいでしょ!」ということではなくて、痛みの原因が痛いところではなく別のところにもあるということです。

 

 

これを知らないで検査もしないで痛い部分だけを押したり揉んだりすると一時は楽なように思いますが、間違いなく治りが遅くなります。

 

 

 

体のねじれが原因になっているために痛みがでることもありますのでご注意を。

 

 

 

※一度、肩を片方ずつ上げてみてください。

 

 

上げにくいもしくは左右で違いがある方は体が歪んでいるかもしれませんよ(+o+)

 

 

早めに良くしましょうね!

操体法を勉強してきました2

今日は過ごしやすい涼しい日になりましたね(^_^)

本日も昨日に引き続き操体法セミナーを受講しました。

宮森先生、その他サポートの先生方には丁寧に教えていただいたことを頭の中で整理することでいまは一杯です。

でも新しいことにチャレンジすることは不安でもありますが楽しいですね!

最近、考えていたのですがいち鍼灸整骨院に来院していただいている方、またこのブログを読んでいただけた方には何かしらチャレンジしていただけたらなと思っています。

それは「今のまま」とか「去年と同じ」だけだともったいないと思ったからです。

勉強でもいいと思いますし、旅行とか何かを集めるとかでもいいと思います。必ず違う世界が見えますから!

僕もいままで結構言い訳をしていましたが目が覚めました(笑)

でもいまは感覚が変わってチャレンジして楽しくて仕方がありません‼

もしみなさんが体のことで悩み、何かをはじめる気力がないのであればご相談ください。

体の痛みやゆがみの解決の方法は必ずしもひとつではありません。少しよくなることで視界が開けるかもしれないし、新たな可能性がでるかもしれません。

良かったら一緒にチャレンジしませんか?

楽しい時間をより多くしましょうね\(^_^)/

操体法を勉強してきました

今日は秋分の日で整骨院をお休みしまして「操体法」という体全体の歪みや痛みに対して効果的な方法を勉強してきました。

「患者さんが良くなるように」と努力されている先生が集まって行われるセミナーはとても熱気があって、みなさん真剣ですのでエネルギーに溢れていました。(来られていた先生で愛知県からは新大阪まで新幹線で45分で来れるらしいです。僕の家からは約2時間です。近いようで遠い(T_T))

ここで操体法をご紹介します。

操体法というのは患者さんと一緒に行います。(患者さん自身の感覚を聞いていきますので無理な施術はしません。)

患者さんが動かしたい動きをさせてあげて体の歪みを調整していきます。

つまり、患者さんが嫌な動き・違和感のある動きをしません。

よく「痛いのは我慢するから良くして」と言われることがありますが、痛みを我慢することは体に負担になります。操体法は、痛みを大切にして痛くない方、楽な方に動かして体を調整していく効果が高い施術法です。

今日教えていただいたことをみなさんに還元して、みなさんの笑顔に出会えるように僕自身も努力しますので楽しみにしていてください‼

ちなみに明日もセミナーに参加します。
明後日にはnew市川になっていること間違いなしです(笑)

台風ですね

こんにちは!

 

あいにくの雨ですね

 

明日台風が接近するということでみなさんご注意ください。

 

 

実は、明日加太で獅子舞をする予定だったのですが中止になってしまいました。

 

 

天候はどうにもならないのでしかたないですね。

 

 

 

今回は残念でしたが11月4日に加太で紅葉鯛祭りというものがあります。

 

 

そこで勇壮な獅子舞がみられますのでみなさん足を運んでください。

 

 

加太の新鮮なお魚も販売していますのでぜひどうぞ!!

ぎっくり腰になったときはこうする!!

今回はぎっくり腰になったときどのようにすれば早くよくなるのかお伝えします。

 

 

まずぎっくり腰は急になると思われるかもしれませんが、実際は前の段階で足のだるさや違和感などを感じている場合がほとんどです。

 

 

そのサインを見過ごしているとなにげない簡単な動きでぎっくり腰を引き起こしてしまいます。

 

 

またそのサインなどについては次回以降でお伝えしますがまずはなった時の対処法ですね。

 

 

その1

 

炎症期というものがあり痛めている部分に炎症が起こります。これはおさまるまで最低3日はかかります。つまりその3日はすくなくとも無理は禁物です。

 

痛む場所がはっきりしている場合はアイシング(冷やす)をしましょう。

 

お風呂に入って温めることはこのとき逆効果になりますのでご注意を!!

 

 

その2

 

動かせる場所は動かすことです。

 

痛めている腰はお尻を上げたりするだけでも痛みが強烈に起こりますので安静第一ですが、とくに足首なんかは軽く上下、左右に動かしてあげることで筋肉の緊張(固まる)のを防いでくれますので早期改善のために効果的です。

 

 

その3

 

寝るときは横向きか仰向けで仰向けの場合は膝の裏にクッションを入れてあげる。

 

これは仰向けで足をまっすぐにして寝ると骨盤が傾いて腰に悪影響がでるのを防ぐためです。

 

同じように骨盤にかかる負担を減らす目的でソファやふかふかのクッションに座るのは控えましょう。

 

ここまでが一番つらい時を過ごす方法になります。

 

ほとんどの方にこのつらい時期が3日~1週間みられますので、無理に頑張ろうとせずに的確な施術を加えて早期復帰をしましょうね(^_^)

 

 

安静第一ですが必要な時に動かすことも同じくらい大切です。

炭酸飲料実は・・・

今日は日差しがでて少し暑いですね!

 

 

僕は数年前ではこんな時、プシュッと炭酸のジュースを良く飲んでいました。

 

当時は甘くおいしく感じで一日500mlを1本だいたい飲んでいましたね(*’▽’)

 

 

でもある時に同僚の人から「炭酸のジュースって角砂糖何十個分入ってんのやで」と教えてもらって、調べると甘さを出すのに相当な砂糖(人工甘味料を含む)が使用されていることを知りました。

 

 

それから1週間、罪悪感もあって炭酸を飲まずすごすと、いままでノルマのように飲んでいたのに全くほしく思わなくなりました。

 

 

あとあとさらに調べると人工甘味料などには依存性もあるらしいです。

 

 

もうひとつ実感したことがあって水がおいしくなりました。

 

 

最初は不思議に思ったのですがこれもひとつの症状だったことをしりまして、実は味覚も鈍化つまり鈍感になるようです。

 

 

僕は吸ったことがないのでなんとも言えませんがよくタバコをやめるとごはんがおいしくなると聞きますが、炭酸をやめると同じようなことが起こりました!!

 

 

いまでも月に1,2度飲むことはありますが、飲まないほうが好調ですね(^_^)

 

ちなみにゼロカロリーの炭酸ジュースは厳密にはカロリーが0ではなく、人工甘味料が使われるため害もあるみたいです。

 

海外の研究では飲まない人より飲んだ人のほうがウエストが太くなったという研究結果もあります。(脂肪を蓄えやすくなるようです)

 

 

痛みには関係がないような飲み物の話でしたが、体の負担を減らすという点では体の内側から変えることも重要ですので炭酸のジュースが好きな方は飲む量を制限してみてください。

 

 

体にはいいことしか起こらないですよ!

 

依存性にも気づけると思います。

 

 

健康のためにプチデトックスいかがですか!(すごく簡単です)