ブログ | いち鍼灸整骨院

ブログ

すっかりよくなりました!和歌山市いち鍼灸整骨院

ワクチン2回目接種の副反応がすっかりよくなりました!

世間で言われていたり、周囲の方々の副反応よりも軽く済んだようです(^_^)

祝日明けの今日もしっかり施術していますので、体のこり・痛みがある方はぜひお越しくださいね

ワクチン接種経過②

24時時間が経過した頃から微熱が続いて、だるさが増してきました。
ただ、風邪ひきのだるさとは違ってしんどくは感じないで過ごせています。

頭痛も少しありますが、これといって対処しないでいける感じです。

あまり動かない方が良いのかと判断して、正月並みにゆっくりしていたのですが、かえってこれが悩まされたところで、だるくて体が重いのか、ゆっくりしすぎて体が重いのか(笑)

また明日からいち鍼灸整骨院の診療が始まるのですが、とりあえず大きな副作用もなく、薬を飲まなくて済むくらいでした。
明日以降、ワクチン接種の症状の変化があればブログにて投稿したいと思います。

ワクチン2回目途中経過。和歌山市加太いち鍼灸整骨院

ワクチン2回目(10時45分接種)
前回と同じく4〜5時後から腕の張りがでてきました。

その後は夜までゆっくりとしていたのですが、副反応としては倦怠感がでていて、体は熱っぽく感じたのですが熱は普段と変わらずでした。
何かしたいと思いながら座ったり寝たりの繰り返しといった感じです。

1回目のワクチン接種と同じく、夜に寝返りをうつと痛むので数回目が覚めましたが、1回目を経験しているので1回目より痛みや動かしにくさは軽度な感覚があります。
寝返り不足で、朝起きた時の腰の痛みが意外と辛い(動き出すと解消)。

午前9時現在。
熱はなく、倦怠感もほとんど感じていません。
腕の上がりにくさはあるものの生活に支障はない。

いろいろな方が自身の体験をネットに書いてくれていますので、これから熱がでるかもしれませんが、体調変化に気をつけながら1日過ごそうと思います。

案外、安静にしようと寝すぎると体のリズムが変わってしんどいですね

ワクチン2回目接種!どうなることやら和歌山市加 太いち鍼灸整骨院

ただいまワクチン2回目接種してビッグホエールで30分待機中です。
3週間前は暑い最中、ほぼ同じような服装で来たので今回はビッグホエールの中が肌寒く感じます。

それにしても、誘導係のみなさんも手慣れたものです。
受ける方も2回目ともなると変な緊張感も無くなっていますね。

患者さんからたくさん情報をきいて、僕は今日と明日寝こむ気満々ですので、ゆっくり過ごしたいと思います。

症状の変化は追ってお伝えします。
ちょっと憂鬱な連休になりそうです(笑)

ニキビに鍼が効果的⁉︎和歌山市加太のいち鍼灸整骨院です

91B3774F-1E9B-4844-B3BA-3749CBD4ADDA.jpg

ポツッとできてしまったニキビには鍼(ハリ)が効果を発揮してくれます!

ニキビができる理由はさまざま。
生活習慣、環境のストレス、食事バランス、擦りすぎ、触りすぎなどいろいろあります。
女性であれば、ホルモンバランスの変化もありますね!

そんなニキビは東洋医学では、体の熱がこもった時にでる症状のひとつとして考えられています。
つまり、体の熱が行き場をなくして、熱が外へ出てにでたいとニキビを作って熱を逃しているんですね。

そこで、鍼をニキビ周辺にすると、鍼は熱を逃すのが得意な治療なので、ニキビ周辺のこもった熱を鍼によって外に逃がしていきます。

西洋医学的にいうと、鍼をすることで血流が良くなるのでニキビを治すためにいいものを運んで、悪いものを血流によって取り除いてくれます。

薬を塗るのもひとつの方法ですが、鍼をして自分の治癒力で治してみるのもいいですよ^ ^
そして、ニキビは生活を見直すきっかけになりますので、心当たりがあれば直してみましょう!

※写真は僕自身のものでお目汚し申し訳ありません(笑)
僕も心当たりが、、、食生活見直さなくては!!

ぎっくり腰 整体 和歌山市 いち鍼灸整骨院 加太

最近になり、ぎっくり腰の方が増加傾向にあります。

ぎっくり腰になると急に炎症反応が強くなることから3日程度は激痛に悩まされ、2種間程度は不安定な状態になってしまいます。

この期間に整体や鍼治療を行うことで、治癒に向けて自然治癒力を活性化し、早期の復帰の手助けになります。

しかし、一番いいのは「ぎっくり腰にならないこと」です。

現時点で、腰のだるさ・重さ・冷えや足のだるさ・つりなどがある方はぎっくり腰にいつでもなる準備ができているので注意しましょう。

「なってから」よりも「なる手前」の方が、当たり前ですが治療にかかる期間・痛みで苦しむ期間はグッと短くなります。

腰痛持ちの方!なってからよりなる前の治療をしていきましょう!!!

太ももの痛み 和歌山市 整骨院 加太 整体

太ももの痛みは、姿勢が変化してきていると判断できる要素の一つです。

というのも、太ももの前が痛みやすいのは腰が曲がっていたり、背中が丸くなっていたり、首が前にでていたりと足だけでなく、姿勢の変化によって起こされています。

もちろん、普段しないようなトレーニングをした・登山をした・ランニングをしたといった運動をした時は別に考えなければならないです。それでも、運動後にいつも同じ部分が痛くなるような方は使い方にも問題があるかもしれません。

 

また、太ももが太くて気になっている人は、荷重が同じ筋肉にかかっていたり、動きがかたくなっていたりしますので、痛くなくても太くなっている人は将来膝痛や腰痛になりやすいので注意しておきましょう。

 

痛みや違和感をそのままにしないで、できるだけ早く解消しておきましょう。

和歌山市 整骨院 いち鍼灸整骨院 治療回数

治療回数は人それぞれ違います。痛みをとっていく・動けるようにする・スポーツができる・ケガを防ぐ・転倒を防ぐ・寝たきりを防ぐなど、その方の目指すところによって治療回数は変わっていきます。

例えば急性のもので、ぎっくり腰や捻挫の場合は3回~6回の治療を2週間の間に行えるとほとんどの方はいい状態になっていきます。しかしながら、仕事やスポーツをしながら治すとなると患部に負荷がかかってきますので治癒にかかる時間には差がでますし、治療の段階を踏むことも大切です。

治療回数が多くなるものの特徴としては、痛みや違和感が強いもの、その症状がでてからの期間が長いもの、昔から定期的にでる症状、ケガ・病気の後遺症、目や耳などの感覚器の障害、しびれ、痛み止めを常用している方などが当てはまります。自律神経症状をお持ちの方や最近精神的につらかった(つらい)という方も心が体に与える影響もありますので治癒が緩やかになる傾向があります。

1回の治療で良くなってもらいたいと常に思っていますが、体にはその方のこれまで培ったクセがあり、単純に筋肉を緩めれば良くなるというものではありません。僕が以前所属していた団体では月6回の治療が行えると体が快方に向かいやすくなるという話がでていました。この数字はあながち適当なものではなく、健康に自信があっても2週間以上体のケアを行っていない方を施術すると緩んでいた体が固くなっていたり動きにくくなっているのを感じます

治療過程で様々な症状がでる(気がついていなかったものに気づく)方もいますし、良くなって悪くなってを繰り返すこともしばしばあります。ですが、治療で楽になっていくことを楽しんでいただけると体はよくなりやすくなっています。こうなったらどうしよう、、、という不安ではなく、この痛みがなくなればあれをしよう!とプラスに考えを変えていきましょう!!

サブレ バニーユ 整骨院 和歌山市 加太

IMG_4643.JPG

患者さんから手作りのサブレ バニーユ(ヴァニーユ)をいただきました!
バニーユ、、、バニーユ、、、バニーユ、、、
(初めて聞いた言葉を言いたいだけ 笑)

バニラとナッツが入ったクッキーだそうで、とっても美味しくいただきました。
いただいたのは松江方面でパンとお菓子の少人数制の教室をされている方で、プロはやはり違いますね!

体をいい方向にもっていくプロとして気が引き締まりました!!

たまにはこういった投稿もいいですかね?笑
サブレ バニーユ!聞くとなぜかいいたくなります

※サブレはフランス語のようです。

ワクチン接種 3日目

ワクチン接種してから3日経ちました!
無事に過ごしています^ ^
腕の痛みもなくなり、副反応と呼ばれるものは無くなったかと思います。
和歌山の感染者数もなかなかすぐには下がらない状況ですので、引き続き気を引き締めて感染対策と体調管理をしていきます!
ともあれ、少し安心したというのが本音のところです。