ブログ | いち鍼灸整骨院

ブログ

スポーツ ケガ 和歌山市 加太

【スポーツ障害】

スポーツ障害って何?という方もいると思いますが、大まかにスポーツによるケガまたはケガをした後に残る違和感や痛みのことをいいます。

 

僕も学生の頃は柔道をしていましたので、ケガは経験してきました。突き指や軽度の捻挫・筋肉の痛みはしょっちゅうあり、また周りを見渡しても同じようなケガをしている仲間は多く、これぐらいのケガで練習を休むとか軽くするという感覚がありませんでした。練習をしているうちに治るだろう・練習の初めは痛いけど途中で痛みはなくなるから大丈夫という風にも思っていましたね。気持ちの面では試合のメンバーに選ばれないのでは?周りの選手に差をつけられてしまうのでは?という不安もあったと思います。昔も今も学生はケガを周囲に言いにくい環境にありますね。

 

学生に限らず、ウォーキング・ランニング・テニス・バスケ・ゴルフなどのスポーツを楽しんでいる一般の方もケガをしながら競技を続けている方もいますよね。ケガをしているけど楽しいから・記録を目指しているから練習を中断できないなど理由は様々ですが、、、

 

学生も一般の方も共通してケガに対してどこか楽観的な気がします。

専門的な立場から言いますと、ケガをできるだけ早く改善させていかないと、かばいながら練習することによって新たなケガに繋がりますし、パフォーマンスが低下していきます。またケガを放置しすぎると、これから5年、10年後の体に必ず響いてきます。また、ケガをするということは無意識のうちに体の使い方がおかしくなって体のパワーが発揮できていない状態になっていることが考えられ、「なぜ?どうして?こんなに練習しているのに結果がでない」と精神的にも影響します。

 

この仕事を通じてケガをした方とたくさん出会ってきましたが、選手人生・競技人生・その後の人生を考えるなら休む時も必要ですし、トレーニングをする・変えていくことも必要です。いい練習を積まないといい結果は得られませんので、いかにケガをした時に早く治して、どのような練習を積んでどのように休息をとるのかをしっかり考えなくてはいけません。

ですので、ケガで困っている、ケガの後遺症が残っているという方は、そのままにしないで一度体のケアを受けてみてください。意識していないところで体が歪んでいたり弱くなっているところが必ずあります。

 

また、ケガや不調で悩んでいる方が周りにいらっしゃればぜひ当院をご紹介してあげてください。人生は一度きりだからこそ、学生の頃も、40代も60代も楽しんでスポーツをしている時も、その後の人生も時間を大切にしましょうね

サッカー ケガ 和歌山市

【サッカー少年】
サッカーをしている少年が足の甲が痛いということで来院してくれました。
サッカーで足の甲を痛めるのは、足同士が当たる打撲や切り返しの動きで踏ん張った時に痛むことが多くあります。
特に練習の強度があがり、疲労が蓄積するようになってくると骨折する場所でもあるので注意して診る必要があります。
※骨折はジョーンズ骨折(足の甲の小指側の骨折)が多くあります。

患者さんは幸い骨折など心配される感じではありませんでしたが、サッカーは膝・足首のケガが多発するスポーツで、しばしば選手生命に関わる大けがを負うこともあります。
そうならないためにも体の使い方を覚え、さらなるハードな練習にも耐えられる体作りは今後の育成年代には必要なことでしょう。
小さいケガを見落とさず、我慢せず最高のパフォーマンスができるように体を整えていきたいですね。

腰痛 和歌山市 整骨院

【現在だけでなく過去も】
今日は梅雨の中休み?ですかね
お昼から急にいい天気になってきました!
水分不足に気をつけてくださいね(^_^)
さて、昨日の患者さんとの会話で、いま痛い場所だけを気にしないほうがいいというお話をしました。
どうしても今の症状を緩和したいのは重々承知していることですが、いまの状態を作っているのは過去に起こった出来事や習慣が引き金になっている場合がほとんどです。
昨日の患者さんも腰の痛みで来られたのですが、中学時代に大きな交通事故に遭っていたり、職場での体の使い方に問題があったりと、どの過去の出来事も今に直結していることばかりでした。
こういう時に、腰の治療ばかりを優先しているとなかなか改善していかいことがあります。
「木を見て森を見ず」
という言葉がありますが、腰を治癒させるために首の状態、足の状態、肩甲骨の状態、、、などなどいろいろなところを把握して調節していくことが重要です。
なかなか改善していかない!とお悩みの方はほかの場所に痛みの原因があるかもしれませんね(^_^)
そういった痛んでいる原因を突き止めてみませんか?
いち鍼灸整骨院はお力になれるかもしれませんので、気になった方はぜひお電話ください。

美容鍼 和歌山市

美容鍼の実際のところ、どういったことに効果が見込めるのかお伝えします。

美容鍼は顔に鍼をして、血流循環を改善させ、血液・リンパ液の流れを促します。

さらに、皮下の感覚受容器を刺激することで皮ふの再生を促進します。

ですから、鍼をした直後効果としてはむくみの改善による小顔効果、事後効果として肌がきれいになっていく(クマを含む)ことが期待できます。

この効果は、エステや美容クリニックでは光をあてる光線療法であったり、マッサージなどで同様の効果が得られると思います。

エステや美容クリニックでは得られない効果として、鍼は特性上、鍼を刺すことで自律神経(交感神経・副交感神経)に作用することが知られています。古くから東洋医学では望診(ぼうしん)といい、顔は内臓を写す鏡として内臓の状態を把握するために観察される場所でもあり、間接的に内臓へのアプローチをすることができます。

ここだけの話、内臓は副交感神経が優位に働く時に活発に動いてくれますよ。

また、顔は感覚の鋭い場所です。髪の毛1本触れてもわかりますよね。

感覚は皮ふを介して脳に伝わります。それだけに、顔へのはりは脳へのアプローチも可能なんです。

脳といえば精神・心ですね。

不安や緊張の顔はどうでしょう?

顔の筋肉に力が入ってシワができていませんか?表情が固くなっていませんか?

顔の筋肉が緊張するとますます不安が膨らんでしまいます。ハリで筋肉を緩めてあげると不安も減り楽な精神状態にもっていくことができます。

 

単に美を求める方はエステでも十分でしょう。

しかし、内臓や心の安定もほしい!という方には鍼治療がおすすめです。

当院の美容鍼はどちらかというと治療に近づけた美容鍼ですので、気になった方はぜひお問い合わせください(^_^)

ぎっくり腰 和歌山市

【ぎっくり腰・ぎっくり首】
このところ1週間に1,2名ぎっくり腰・ぎっくり首の方が来院されます。
急性の症状で強い痛みを10、痛くないのを0にした場合、1回の施術で10→0にするのは難しいものです。
しかし、苦しんでおられる方は早く治したい!と思うのも理解できますので、おおむね治療にかかる回数をお伝えします。
よほど重度の症状でない限り、5~6回の施術で回復されていきます。
1・2回目の施術では急性の痛みの除痛、3・4回目で運動療法を使った痛みの改善と関節可動域の回復、5・6回目にて残っている可動域制限にアプローチし繰り返さないように体を安定させていきます。
このように順序よく治癒していく場合と、仕事や環境のために治癒がやや遅くなる場合がありますが、施術はその都度の患者さんの状態を相談しながら進めていきます。
スポーツ選手のケガを想像してもらうとわかりやすいですが、ケガをして翌日に即復帰という場合はほとんどありませんよね。
治療にかかる期間を理解していただいて、治らなかったらどうしようと思わないようにしてください。
不安はできるだけ取り除いて、治療に専念できる方が早くいい結果が得られますよ(^O^)

腰痛 和歌山市

いつもブログを見ていただきありがとうございます!

最近は雨がたくさん降って早めの梅雨を迎えましたね(-_-)

梅雨といえば体調不良を訴える方が多数出てきます。

なぜでしょうか?

 

答えは簡単!

「体に負荷がかかった時本来の自分の状態がわかるから」

です。

良い状態の体には多少負荷がかかったくらいでは、調子を崩すなどの問題は起きないようになっています。

しかし、少しの負荷がかかっただけで調子を崩してしまうようであれば、もともとの体には相当なこり・疲れが蓄積されていると推測できます。

腰痛なども、なんとなく日ごろから「腰が重い」「だるい」などの状態を抱えていると雨が降ったりするような低気圧が近づいてきた時などはぎっくり腰を発症する可能性が高くなります。

みなさんの体は常に「大丈夫?」と問いかけてくれていますが、仕事や家庭を優先し体を後回しに考えていると、最後にはこれ以上我慢すると危ないので、強い痛みや症状を引き起こして体を強制的にストップさせようとします。

体にとっては優先順位は「命」なので、痛みとして自分に知らせてくれているんですね。

ということで、我慢の先には痛みしかありません。

しっかりと体を労わって、労わる時間を作って、時間を大切に使っていきましょう!

このブログを読んでいただいている方は「時間がたてば治る」「そのうち治る」「寝れば治る」という次元を過ぎているかもしれませんね。

仕事・趣味・家庭

人それぞれ優先するものはあると思いますが、体が壊れてしまうと元も子もないですよ(^_^)

痛みや違和感があればしっかり治していきましょうね!!!!!!!

幼児 運動  和歌山市

IMG_4495.JPG

【幼児の運動指導】
いち鍼灸整骨院では、成人の運動指導に限らず、幼児の運動指導をしています!
画像の女の子は5歳の幼稚園児ですが、3〜4歳から動かし方が理解できるようになってくるので遊びを交えながら指導していきます。

この女の子は何も気にせずビフォーの写真のように足先を広げ内側の膝をつけるように立っていました。
これが楽だと認識して、この立ち方が普通だと思い過ごしていましたが、筋肉を使った立ち方ではありません。
本来は、アフターの写真のようにつま先と膝の向きがそろった立ち方をしていきます。

ビフォーの写真の立ち方を幼い頃から何年も続けていると小学生の高学年になる頃には、膝関節の変形、股関節の異常、姿勢の悪化による猫背・肩こりなどになる可能性があります。また成人になる頃には、腰痛や生理痛の悪化といったことも起こってくるでしょう。

いかに幼児期の習慣が将来に影響するかご理解いただけたでしょうか?
特に女の子は股関節の可動域が広いわりには筋肉が弱いので、股関節・膝関節の使い方に問題が生じている場合が多くあります。

姿勢は生活習慣から作られていきます。
運動指導・姿勢改善は早ければ早いほど、今後にとっていいことが起こります。
願わくば、親や周りの人が常に子どもの姿勢や動きを気にして見てあげてください。
身近な人が「ちょっとおかしいな」と思った時は大抵どこかの筋肉が使えていない場合がほとんどです。
子どもの将来のためにもいい姿勢・いい動きを作ってあげたいですね^ ^
※もちろん大人の姿勢改善もしています

クラスター関連情報

落ち着きを見せていたように思っていた加太の介護施設ですが、継続的に感染者の発表がされています。(5月12日発表)

予測でしかないですが、事業所の規模から考えますと少しは増えるかもしれませんが爆発的に増えることはないかと思います。

平素よりいち鍼灸整骨院にご来院いただいている方にご迷惑、ご心配をおかけいたしまして申し訳ありません。

皆様の健康を預かる身として、保健所に再三にわたり問い合わせをし、確認をその都度とっていますが、濃厚接触者でなく、体調面に何かしらの変化がない方は、保健所からは通常の営業をしてもよいとの回答を得ています。

特に、濃厚接触者ではない、接触後2週間以上経過している方は、その施設が原因での感染はWHOや厚生労働省が発表しているガイドラインと照らし合わせてみても考えにくいそうです。

(多くの感染者は濃厚接触後、1日~12.5日の間に発症し、5日~6日後までに発症することがもっとも多く、95%は10日までに発症している。発症前後の感染力が強く、発症後10日で感染力はなくなる)

未知のものに対する不気味な感じ、不安を少しでも払拭したいと思いますので、ご予約・施術に関してご不明なことがありましたらいつでもご連絡ください。

 


いち鍼灸整骨院、また私自身は和歌山県・和歌山市保健所の指示通りに動き、感染予防に努めています。

はり 和歌山市 頭

おはようございます!
いち鍼灸整骨院の市川智樹です^ ^

体調はいかがですか?
コロナウィルスに振り回されていませんか?
僕は見事に振り回されました!笑
何事もなかったことを喜ぶべきでしょうが、自律神経が不安定になったこたもありました。
僕がなるくらいですから、繊細な人はもっと思い悩むでしょうね。

自律神経が不安定になったと感じた時に僕がした事は、まず入浴で筋肉を緩めることと頭や顔にハリをしました!
入浴は心身をリラックスさせる効果が高く普段よりゆっくりめに過ごしていました。

ハリですが、これもすごい効果的です!
東洋医学では、頭に血がのぼったり血流が悪くなるとさまざまな不調をきたすと考えられています。
その循環を良くすることで、悪いものを取り除き、良いものを運んで血の流れを正常化してくれます!
実際には、おでこや頭のてっぺんなど、特に自分が気になるところにハリをしていきます。
自分でもこれほど効果的なものなのかと実感しましたが、物事がクリアに考えることができたり、単純にスッキリします^ ^

コロナに限らず悩みがあったり、自律神経の不調を感じる方は体へのアプローチとして、頭や顔にハリをおすすめします!!
ハリの料金はホームページをご覧ください。
それにしても、ハリはいろいろな可能性を秘めていますね〜(^◇^)

お願い

いい天気が続き、本来であれば動きだしたいところですが、コロナはそうさせてくれませんね(+_+)

さて、加太で発生したクラスターも一旦落ち着きをみせています。

ほかの県でも施設関連のクラスターは多いですね。個人事業主としては、より一層気を引き締める思いです!!!!

みなさんは体調にお変わりありませんか?

もちろん、私の方は体調もよく食べ過ぎで体重増加が気になるくらいです (笑)

世間話はこれくらいに。
もう一度みなさんに告知させていただくのですが
いち鍼灸整骨院では、これまでも感染対策を行ってきました。みなさんの感染予防意識も高く、マスクの着用・手指消毒にご協力いただいております。

ですので、コロナウィルスの感染確率は相当低くなっていると思います。
今後も感染しない・させないために、施術中のマスク、施術前後の消毒を継続してお願いいたします。帰宅してからのうがい又は水分を摂ることもしていただけるとベストかと思います。

これからも、安心安全に施術をしていきますので、よろしくお願いいたします。