ブログ | いち鍼灸整骨院

ブログ

腰痛

いつもブログを見ていただきありがとうございます

さて、腰痛持ちの方はいませんか?

心当たりがある方は多いのではないでしょうか?

腰痛はもはや国民病です。

しかし、腰痛という言葉は幅が広すぎます(>_<)

早く良くなる腰痛もあれば、何年もかかえる腰痛もあります。

ここでお伝えしたいのは腰痛にも種類があり、個人が歩んできた道のりが違うので、人と比較できないということです。

ですので、1回で良くなる腰痛もあれば、10回で良くなる腰痛もあり、また50回かかる腰痛もあるのです。

1回で良くなる腰痛の傾向としては、ごくごく最近でそれ以前に腰に全く違和感(だるさや動きにくさ)を感じていなかったものが多く、逆に、回数がかかる腰痛は何年もだるさや痛みが出てはなくなってを繰り返していたり、大きな出来事(病気・介護など)があり体に蓄積されていってしまったものに多くあります。簡単にいうと、50の腰痛もあれば、10000の腰痛、100000の腰痛もあるということです。

 

一口に腰痛と言っても負担のかかり方で良くなる日数がかかるのがご理解いただけたでしょうか?

※ここでいう良くなるとは、その場だけ良くなるというものではなく、良い状態が続くことを良くなるとしています。

 

人によって負担のかかり方・感じ方はまったく違います。ですので、あまり人と比較せずに地道に体のケアをしていってほしいというのが僕の願いでもあります。

体をより良く使っていくために日ごろのケアを怠らないようにしましょう!!!

心の安心

いつもブログを見ていただきありがとうございます

昨日、嬉しいお言葉をいただきました。

「ここに来てから、いままで不安だったのがほっと安心できるようになりましたわ」

こう言っていただいたのは70代の女性Yさん。

この方は来院されて3回目になるのですが、毎回自分の状態を教えていただけます。

その中で僕と患者さんがお互いに現状を確認して、施術をし、普段の生活で取り入れるべき対処法をお伝えしています。

Yさんにとっては漠然と寝たきりや歩けなくなるといった不安があったそうです。しかしながら、対処法があり、こうしていくと自分の体をもっとうまく使える・生活できると安心したことで前述の言葉をいっていただきました。

 

自分の中でだけで想いがめぐっていると、どんどんと思考が固まって「なりたくない」と思う自分に近づいてしまいます。悪くなるイメージをしてしまうのです。

心の状態が整ってくると体は前向きになってくれます。(体が整って心が前向きになるパターンもあります)

これからYさんは何もしなかった未来と違って、前向きになった新たな未来をつかみ取るでしょう。治療をするかしないかではなくて、不安を抱えながらの生活ではないプラス思考の生活に変わっていくので、必ず変化します。

 

Yさんのように漠然とした不安を抱えている人はいませんか?早く対処して未来を変えていきましょう!!!

認知症の方への鍼

いつもブログを見ていただきありがとうございます

いま僕が勉強させてもらっているルート鍼治療のグループ内で認知症の方への鍼施術を行った結果、劇的に効果があったと報告されていました。

認知症の方で進みきっていない場合にかぎり、頭を中心とした鍼治療をおすすめします。

また、不安症やなにかわからないモヤモヤなど同じように頭に鍼をすることをおすすめします。

頭に鍼!?と驚かれるかもしれませんが、頭の筋肉は薄くすぐ下には頭蓋骨があるので深く刺すことはありませんので1番安全と言ってもいいです。

痛みはチクッとする時がたまにあるくらいでたいしたことはありません(個人の感想)

 

心配性のかたにもいいですね(^^♪

いろいろな可能性がある鍼治療!きっとみなさんのお役にたてるはずです(^O^)

薬が好きではない人にとっては鍼治療は魅力的なものですよ

体を変える

いつもブログを見ていただきありがとうございます

ここ1、2年でみなさんがこのままの状態をつづけていくとどのような状態に陥ってしまうのか、現実的な感じでわかるようになってきました。

いまさらかい!という方もいると思いますが、前は漠然としていたのがはっきりとしてきた感覚です。

なので、最近は特にみなさんにはその都度伝えるようにしています。

みなさんも薄々気づいているようですが、将来(近い未来)そうなってほしくないことと、今が改善のチャンスであることをご理解ください。

みなさんが想像がつくことは今後起こる可能性が非常に高いことです。まずその不安を解消してどんどん健康な体に作り変えていきましょう(^^♪

信じる

先日、ニュースで深い意味合いがあるなーと感心したので

芦田愛菜ちゃんの映画の公開舞台挨拶で言った「信じる」についての言葉をブログに載せておきます。

「『その人のことを信じようと思います』っていう言葉ってけっこう使うと思うんですけど、『それがどういう意味なんだろう』って考えたときに、その人自身を信じているのではなくて、『自分が理想とする、その人の人物像みたいなものに期待してしまっていることなのかな』と感じて」

「だからこそ人は『裏切られた』とか、『期待していたのに』とか言うけれど、別にそれは、『その人が裏切った』とかいうわけではなくて、『その人の見えなかった部分が見えただけ』であって、その見えなかった部分が見えたときに『それもその人なんだ』と受け止められる、『揺るがない自分がいる』というのが『信じられることなのかな』って思ったんですけど」

「でも、その揺るがない自分の軸を持つのは凄く難しいじゃないですか。だからこそ人は『信じる』って口に出して、不安な自分がいるからこそ、成功した自分だったりとか、理想の人物像だったりにすがりたいんじゃないかと思いました」

 

何回か読んで理解しないといけなかったです(笑)

こんな言葉がスラスラとでてくる愛菜ちゃんに感心(*^-^*)

ぎっくり腰

いつもブログを見ていただきありがとうございます。

最近コリが蓄積されている方が多いですね

なぜ我慢してしまっているんだろうと思いますが、、、

コリの蓄積の代表格が「ぎっくり腰」

体のこりがたまりにたまってもう限界!という時に発症します。

このまま使い続けると体が壊れてしまうので、体が止まってしまっても休んでほしいと訴えるサインですね。

そんなぎっくり腰も何回も何回もしていると神経症状がでてきたり、将来の不安がでてきます。

ため込まないで、ぼちぼちとコリをほぐしていきましょうね。

我慢は悪いことだらけ

※お菓子やアルコール・タバコは我慢してくださいね(>_<)

レントゲン

【画像で見えたものが全てではありません】
投稿をご覧いただきありがとうございます。
最近、よくみなさんが気にされているので投稿しました。
お医者さんでレントゲンを撮ると「○○○○だからシップを貼って様子を見てください」と言われるそうです(+_+)
シップは消炎鎮痛剤だから痛みはへるかもしれませんが根本がよくならないといつまでもそのままになってしまいます。もっと筋肉やほかの関節をケアしていくと違う効果をえられるかもしれません。本当に手術をしないとどうにもならないようなものはありますが、それまでによくする方法はたくさんありますよ(^O^)
運動、食事(栄養)、生活習慣の見直し、、、
もっとできることがたくさんあります。
画像で診断をうけたからもう仕方がないとあきらめてしまったらもったいないですよ。
後悔しないように良くなるチャレンジをしていきましょう!!!!

こり

いつもブログを見ていただきありがとうございます

改めまして、今さらですが「コリ」について

筋肉のこりができる要因

①使いすぎ、筋緊張の蓄積

②ストレスの蓄積、または過去の壮絶な経験

③先天性のコリ

④手術や交通事故などの外傷によるコリ

⑤内臓からくるもの(食・タバコ・薬)

過去のことであっても筋肉の症状として「こり」はでてきたりします。

当てはまるこりはありましたか?

コリを緩めていくといいことがまっていますよ(^◇^)

膝の水

膝の水が減ってきました(^^♪
先週の土曜日に来られた男性の患者様。
左膝に水がたまった状態でご来院いただきました。この方は急に水がたまったのではなく、徐々にたまってきてしまったタイプの方でした。
整体と鍼治療で見た感じの腫れが半分程度になり、痛みが減って楽な感覚になっていただきました。
膝の水が吸収されていくと、このような症状はらくになりますからね(^O^)
負担をかけるとまだ腫れる状態ですので、今日もしっかり整体で膝関節周辺を緩めて水が吸収されやすい状況を作っていきました!
膝に水がたまることで動きが不自由になり、長引けば長引くほど関節が破壊されます。
水を抜くだけが治療法ではありません。
水は吸収してあげてこそ、そのあとが良くなりますよ(*^^*)

皮ふの変化

いつもブログを見ていただきありがとうございます

今回は皮膚に着目したいと思います。

よく顔は内臓を映す鏡だと表現されることがありますが

なにも顔だけにそういった症状がでるわけではありません。

皮ふ全体に症状がでます

例えば、アトピーのかゆみや皮膚の変色としてでたり、妊娠線のようになっていたり、黒ずんでいたり、ニキビがでたり、吹き出物がでたりと、これらすべてが内臓や体の不調が表面に出てきていることなのです。

こういった症状には、ルート鍼治療が非常に有効ですが、みなさんにはこういうことが自分の体が訴えかけていることだと理解していただきたいと思います。

健康に近づくためにも皮膚のサインも見逃せませんね(*^^*)

しっかりケアして、いまのつらい症状を早く改善させて、将来の病気やけがのリスクを減らしましょう!!!