ブログ

認知症の介護で悩まれている方へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

昨日の雨と今日の風で見事に桜が散ってしまいましたね(^-^)

 

 

今年はきれいだったので残念ですが新年度がスタートするのですがすがしい気分ですね!

 

 

さて、今日は認知症の介護の相談を受けました。

 

 

専門家ではありませんが、医療に携わる端くれなのでこういった相談は増えてきています。時代の流れでしょうか。

 

 

今回のご相談は「今後、夫(または妻)がどのようになっていくのでしょうか?生活はどうなるのでしょうか?不安です。」というご相談。

 

 

28歳の若造が大それたことは言えませんし、特効薬がないのがこの病気の悩むところでもあります。

 

 

しかし、10年もこの世界にいると、介護をした経験のある人、その職業についている人、認知症になっている人など多くの方と触れ合う機会に恵まれますので多くの事を知っています。そこで、知り得たことを僕なりにお伝えしています。

 

 

今回のご相談には「これが正解です」というようなものはないように思いました。

 

 

ですから、今後の認知症に対する考え方で合ったり、介護をする側の人が楽にできるようにする環境を整えるということをお話ししました。

 

 

実際、介護をする方は疲れ切っています。

疲れた状態が認知症の方にも伝わると不安であったりイライラが募り認知症の方の症状も不安定になっているように思います。

 

ですから、いかに介護をする側が楽をして良い状態で介護にのぞむかということも大事なのではないでしょうか?

 

 

1対1の介護には限界がありますよね。

 

僕は、使えるもの・人はどんどん使うべきだと思っています。

それが、結果的には認知症の方のためにもなっていると感じているからです。

 

 

悩まれている方は誰かに相談してみるのもいいかもしれませんね。

違う見方をしてくれる人もいますし、この時代、介護経験者は増えていますので。

 

もちろん僕でもいいですよ(^-^)

 

僕にできるアドバイス・ケアはしますので!!

緊急の場合はお電話一本ください(^^)/